「鳩正宗」奥入瀬渓谷に繋がる川のほとりで醸す酒

今回は、青森県十和田市で1899(明治32)年創業、鳩正宗株式会社です。もともとは稲本商店醸造部として発足、付近を流れる稲生川にちなんだ「稲生正宗」を醸していましたが、昭和初期に白鳩が神棚に飛び込んできたことで「鳩正宗」に改称、その後、第二次大戦中に企業合併をしてニ北酒造株式会社三本木工場となり、1984(昭和59)年に独立して鳩正宗株式会社となりました。現在は「鳩正宗」「吟麗」「八甲田おろし」を醸しています。

立地としては八戸から奥入瀬渓谷に向かう途中にあります。「鳩正宗」といえば有名なのが佐藤企杜氏です。地元の三本木農業、東京農大と酒造りのエリートコースをたどって鳩正宗株式会社に入社、南部杜氏となって現在は自身の名を冠した「佐藤企」も醸されています。

そんな佐藤杜氏が醸したなかのひとつ「鳩正宗 純米吟醸 山田錦58」兵庫県産山田錦100%使用の58%精米です。純米吟醸ですが、香りは控えめで酸が立っています。青森は田酒、陸奥八仙などフルーティな旨味のイメージがあったので、少しアルコール臭もするのがちょっと意外な感じでした。

 

あまり売っていないので、他の銘柄を呑めていないのですが、機会があればぜひチャレンジしてみたい銘柄のひとつです。また「正宗」が付く日本酒の代表としてがんばっていただきたいですね。

フォローお願いします。