「鳩正宗 純米吟醸酒」山田錦の旨さが際立つ青森県の酒

今回は、青森県十和田市の鳩正宗株式会社、「鳩正宗 純米吟醸酒 直汲み」です。「鳩正宗」は最近、話題になっているようですね。「田酒」に代表される青森県北部の酒と「陸奥八仙」やこの「鳩正宗」など南部の酒がよく比較されています。

前回、この「鳩正宗」を呑んだ時は「純米吟醸 山田錦58」でした。アルコール臭が強めであまり好みではなかったのですが、今回の「鳩正宗」は同じ「純米吟醸」で兵庫県産山田錦を50%精米です。フルーティな香りにすっきりした甘さ、旨味がある美味しいお酒でした。

同じ飲食店で同じ冷蔵庫で保管していますし、3%の精米歩合の違いでこれほどの味の差が生まれるとは思いませんが、ラベルも違うことですので、醸し方が違っているのだと思いたいです。この味なら、人気になってもおかしくないですね。

鳩正宗純米吟醸1鳩正宗純米吟醸2

「楽器正宗」と「鳩正宗」。同じ「正宗」を冠する銘柄が人気となっているのも偶然ではないと思われます。「スキー正宗」「櫻正宗」など、引き続き「正宗」を試していきたいですね。それも日本酒の楽しみ方のひとつだと思います。

フォローお願いします。