「羽根屋 純米吟醸 愛山 生原酒 無濾過 Special」人気蔵が挑戦した愛山酒

今回は、富山県富山市の富美菊酒造「羽根屋 純米吟醸 愛山」です。前回の「山形正宗」の愛山はスッキリ系でしたので、甘味のある愛山ということで出してもらいました。羽根屋も今年(2020年)に初挑戦でしたので、これが第2弾となります。同じ米で呑み比べができるとおもしろいですよね。

「羽根屋 純米吟醸 愛山 生原酒 無濾過 Special」

愛山100%使用で60%精米です。富山県の酒蔵だけに、山形県の高木酒造と近い山形正宗の水戸部酒造に比べて「愛山」の希少性を余計に感じているのかもしれません(笑)。一切の加工をせずにそのまま無濾過で瓶詰とあります。愛山の甘味を味わえる一本です。

公式HPには「富山産の米に拘って醸す羽根屋が、敢えてチャレンジした酒米シリーズ」とあります。違う種類の酒米を使うことで技術を研鑽していくという目的だそうです。

羽根屋は今でも人気が高いですが、こういうチャレンジを続けていくことでどんどん美味しくなっていくのでしょうね。今後が楽しみです。