「上喜元 純米大吟醸 愛山」50%精米でちょっぴり安くなった愛山

今回は、山形県酒田市の酒田酒造「上喜元 純米大吟醸 愛山」です。米の名前が前面にでて、酒名は控えめに左下にちょこんと書かれています。上喜元の愛山には43%の熟成酒がありますが、こちらは今年新発売となったお酒で、50%精米に抑えているため、4400円と購入しやすいお値段となっています。

「上喜元 純米大吟醸 愛山」愛山100%使用で50%精米。シンプルなラベルに象徴されるように上喜元らしくキレイな味わい、愛山のまったりした感じの甘い香り、少し硬めの旨味とスッキリ甘味で、非常に美味しいです。

「愛山」は限られた酒蔵しか使うことができませんが、酒田酒造は早いうちから使用できていますね。十四代と同じ山形県ということもあるのでしょう。「くどき上手」とともに、山形県の愛山使いの先駆者として、いろいろ挑戦していただきたいですね。もちろんお値段のほうの挑戦も期待しております(笑)