「秀鳳」自社精米でチャレンジを続ける山形県の酒蔵

今回は、山形県山形市山家町で1890(明治23)年創業の秀鳳酒造場です。主力銘柄は社名になっている「秀鳳」、山形県産米と山形酵母を中心に使用して、蔵王山系の雪どけ水で仕込んでいます。山形酵母は香りが高く酸が少ないため、やわらかい味わいとなります。

「秀鳳 特別純米 無濾過 雄町」雄町100%使用で55%精米、山形酵母を使用しています。「雄町」は山形県の酒米ではありませんが、「美山錦」と並び、秀鳳の軸として用いられてきました。無濾過ですが酸は少なく、パンチの強い雄町らしい旨味と甘味、濃厚ですが後を引きません。

秀鳳酒造場は精米機を持っていて、自社精米しています。これだけでいろいろな酒米や精米歩合にチャレンジできますので、酒造りの自由度が高い酒蔵だということになりますね。山形県産酒米の「雪女神」「玉苗」「出羽燦々」、それに食用米の「つや姫」でも日本酒を醸しているようです。もちろん山田錦や愛山も使用して海外にも出荷しています。

山形県の日本酒は秋田県に比べると少しパンチのある感じのものが多いように感じます。それも高レベルでの味わいですので、引き続き、チャレンジを続けていっていただきたいですね。