「山豊、間豊、山間」ヤンボー、マーボー、特別純米!

今回は、新潟県上越市の新潟第一酒造「山豊、間豊、山間 特別純米酒」です。名称は「ヤンボー、マーボー、○○○○」のシャレですが、味は間違いありません。「山間」用に仕込んだ特別純米の「荒走り」「責め」「中採り」をそれぞれ瓶詰めしたものです。

「山豊(荒走り)、間豊(責め)、山間(中採り) 特別純米酒」

五百万石・こしいぶき使用で60%精米です。荒走りは軽くて美味しく、中採りは普通に美味しく、責めはドッシリ美味しく、同一銘柄で3種呑めるのはありがたいです。

なんでも、上槽の前半「荒走り」と後半「責め」をブレンドした「越の白鳥」と中採りだけを採取した「山間」の二銘柄があって、「越の白鳥」をネガティブにとらえる人がいることから、それを解消するためにこのようなぜいたく品を発売したということですが、「越の白鳥」はまったく美味しいです!

リーズナブルなのに美味しい銘柄のひとつとして、私は認識しております。もちろん「山間」は美味しいですが、争奪戦になったりするので、安定して購入できる「越の白鳥」はオススメです。ぜひ呑んでみてください。