「而今 純米吟醸」東条&吉川、特A山田錦の揃い踏み

今回は久しぶりに、三重県名張市の木屋正酒造「而今」です。この時期に四合瓶で登場する兵庫県産特A地区のなかでも最高峰の山田錦「東条」「吉川」の純米吟醸。東条産山田錦は平成21年に商標登録され、吉川産山田錦とともに特Aのなかでも最高峰とされる山田錦です。

その2種類を呑み比べるなら、やはり「今をただ精一杯に生きる」而今ですね。まず東条産ですが、50%精米で無濾過ですが、とても軽く感じました。而今ならではのキレイな味わいは当たり前なのですが、香りも味もふわっとした感じで甘味もほんのり、「ザ・山田錦」と言える味わいです。

そして吉川産山田錦のほうは、同じ50%精米で無濾過です。開栓したてだったということもありますが、ガス感がありました。こちらのほうがシャープな味わいです。同じ温度だと思いますが、吉川産のほうが冷たく感じ、輪郭がはっきりしていましたね。香りもこちらのほうが強めに感じられ、甘味は同じくほんのりでした。

東条と吉川、加東市と三木市で隣り合っている市で作られているのですが、少しの地域の違いでこれだけ味の差が生まれるとは驚きです。それも而今だからこその研ぎ澄まされたところで、その差を感じ取れるのではないかというレベルですね。

とにかく、この2種類を同時に味わえる機会が持てたことに感謝したいと思います。