「川鶴 純米限定槽場直汲み」讃州オオセトを使った最高の酒

今回は、香川県観音寺市の川鶴酒造「川鶴 純米限定槽場直汲み 無濾過生原酒」です。ここ数年、若手のチャレンジ酒が多い川鶴酒造ですが、これは香川県の酒米「讃州オオセト」を使用しているので、川人社長が醸しているのではないかと思われます。違うかもしれませんが、そこはお許しください(笑)

「川鶴 純米限定槽場直汲み 無濾過生原酒」讃州オオセト100%使用で65%精米です。300本限定の造りです。フルーティな香りに酸味のある甘味、ガス感があって呑みやすく、後口もスッキリでおいしいです。

東京の讃岐うどん屋さんには、金陵や悦凱陣はありますが、意外と川鶴がないことが多いです。そのような讃岐うどん屋さんには香川県の地元を大切にしている川鶴とぜひラインナップしていただきたいですね。

ということで、私がイチオシの讃岐うどん屋さんは赤羽岩淵近くの「すみた」です。ぜひ行ってみてください。