「外ケ濱Micro Bubble」田酒が醸す発泡性日本酒

今回は、青森県大字油川の西田酒造店「外ヶ濱 Micro Bubble JUN」です。言わずと知れた「田酒」を醸す蔵元の発泡性日本酒です。白麹仕込の純米吟醸に炭酸ガスを添加したもので、「瓶内二次発酵」ではありません。それだけに、見た目が細かい泡でスパークリングワインを思わせるような感じです。

青森県産華吹雪を100%使用で55%精米、アルコール度数は14度と低めで呑みやすく仕上がっています。さすが田酒というべきスッキリ旨味に炭酸ガスのピリッとした舌感、ほんのりと甘味を感じで喉ごし爽やかです。食前酒にいい感じです。

ずいぶん前の話ですが、四谷に普通の日本酒に炭酸ガスを入れて疑似発泡日本酒を呑ませてくれた店がありました。そのときは「なんて爽やかな呑み心地なんだ」と感動したものでしたが、あまりの高額店だったので足が遠のいたことを覚えています。

現在は獺祭スパークリングが普及して、いろいろな酒蔵が発泡性日本酒を醸しており、気軽に愉しめるようになりました。今後、発酵技術がどんどん発達していけば、加水しないでもっと低アルコールの発泡性日本酒も醸されていくと思いますので、そのときは食前、食後に味わいたいと思います。