「冩楽 純米吟醸」吉川山田錦と東条山田錦のツートップ

今回は福島県会津若松市の宮泉銘醸「冩楽 純米吟醸 吉川山田錦」「冩楽 純米吟醸 東条山田錦」の横綱揃い踏みです。Top of Topの山田錦だけに、勝負の「黒ラベル」に金箔文字となっておりますね。先般、「而今」のこの揃い踏みをご紹介しましたが、「冩楽」ではどうなんでしょうか?

さて、さっそく呑み比べして答え合わせです。

「冩楽 純米吟醸 吉川山田錦」兵庫県産吉川地区山田錦100%使用で50%精米です。冩楽らしい香りと甘味ですが、少し硬めな吞み口です。キレがあってスーッと消えていきます。

一方、「冩楽 純米吟醸 東条山田錦」兵庫県産東条地区山田錦100%使用で50%精米です。ともに一回火入れなので、ガス感はありません。同じく冩楽らしい香りと甘味、舌にトロッと絡みつくような柔らかい吞み口、余韻を残して消えていきます。

ほぼ同じようなところで栽培されているのに、こんなに味わいが違うとはという感じです。一緒に呑んだ日本酒初級者でも違いが分かるほどです。好みとしては東条のほうですが、吉川だけだったら印象も変わるはずなので、呑み比べは重要ですね。

定価で購入してもいい値段ですから、店で少しずつ呑むことができれば満足の逸品です。