「モダン仙禽 無垢2019」ドメーヌ・さくら山田錦で醸す酒

今回は、栃木県さくら市でドメーヌ化を進める株式会社せんきんの「モダン仙禽 無垢」です。せんきんでは「亀の尾」「山田錦」「雄町」を蔵の仕込み水と同じ水脈上にある田圃で作っていて、その土地の個性から生み出される味を世に問うています。

これはフランスやイタリアなどのワイナリーと同じ考え方で、その土地で育てたブドウで醸したワインを地域のお墨付きをもらって発売するのと同じですね。

「モダン仙禽 無垢 2019」ドメーヌ・さくら山田錦100%使用、50%精米の無濾過生原酒で、少しおりがらみです。山田錦の華やかな吟醸香と旨味、酸味のなかに甘味もあり、スッキリとした味わいでとても美味しいです。

「仙禽」とは神に仕える鳥、「鶴」のことで、モダンシリーズは酒名も鶴を模した形にデザインされています。モダンシリーズのほか、クラシックシリーズもあり、無垢は「山田錦」、金は「亀の尾」、銀は「雄町」ということになっています。

ドメーヌ・さくらで日々日本酒造りに邁進している株式会社せんきんの薄井蔵元と薄井杜氏のご兄弟にさらなる進化を期待しています。