上高地バスターミナルで呑める酒

今回は、前回の絡みから上高地バスターミナルにある「上高地食堂」で、バスの待ち時間に呑んだ日本酒とワインです。まず日本酒ですが、長野県安曇野市で1810(文化7)年創業のEH酒造です。もとは亀屋酒造店、飯野屋、務台酒造店の3社が1961年に合併して酔園と言う社名になりましたが、2003年に現在の社名になったそうです。

「上高地 特別本醸造」長野県産米100%使用で60%精米、醸造アルコール添加です。ありがちなアルコール感満載のアル添とは違って、少し甘味があり、登山後の疲れたからだにやさしい呑み口です。「上高地食堂」が販売者になっていますので、ここでしか飲めないのかもしれません。

次はワインです。長野県塩尻市で1911(明治44)年創業の林農園です。「五一わいん」のほうがわかりやすいですね。

「五一わいん シルバー 白」セイベル種等、数種類の品種をブレンド。香りもよく、少し甘さを感じますが、酸味も効いていて甘ったるくなく、吞み口も爽やかです。つまみなし呑んでいましたが、甘さがあるので問題なかったですね。

この後、新宿行の「さわやか信州号」で帰宅。夜はグッスリと眠ることができました。

フォローお願いします。