コッポラ監督が所有する世界有数のワイナリー

今回は、「ゴッドファーザー」などで有名なフランシス・フォード・コッポラ監督が2006年にカリフォルニア州のソノマで設立した「フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリー」のワインです。

コッポラ一族はコッポラ監督以前からワイン造りを行っていましたが、監督は1975年にナパ・ヴァレーに畑を買って本格的にワイン造りを始めました。ナパ・ヴァレーではオーパス・ワンやドミナスなどと並び称されるほどになった後、もうひとつのカリフォルニア州の代表的なワイン産地ソノマにワイナリーを設立しました。

そこでは「ソフィア」「ダイヤモンド・コレクション」「ロッソ&ビアンコ」「ヴォトル・サンテ」「エノレア」「ディレクターズ・カット」「ディレクターズ」と7つのブランドを醸していて、その中で一番リーズナブルなのがこの「フランシス・コッポラ・ディレクターズ・カリフォルニアレッド・ブレンド」です。

イオンのHPによれば、ジンファンデル、カベルネ・ソーヴィニヨン、プティ・シラー、シラーのブレンドということで色合いはフルボディなのですが、味はフルボディというよりはもう少し軽い感じの、ボクシングでいうとミドル級(ヘビー級とライト級の間)な感じがします。

渋みはあまり感じませんでしたが、オーク樽の香りとともに干しブドウやベリーのような味わいがあり、裏ラベルのオススメにあるチーズが食べたくなりました。

行きつけのイトーヨーカドーで、品替えのために割引になっていたのを見つけてすかさず購入しましたが、こういうのも一期一会ということで、おもしろいですね。ヨーカドーでまさかのコッポラワイン、見かけたらぜひご賞味ください。