「西友」困ったときのワイン売り場

昨日は台風がすごかったですね。たまたま酒が切れてしまった私は、困ったときの「西友」ということで、2本1000円のワインを探しにいきました。

以前、西友のワインシリーズには有名な「Pouilly Fume」があったりして、1000円ちょっとで買えました。

こちらですが、なかなかのものでしたよ。

今は1本597円(税抜き)で、2本買うと1000円というワインメーカーズ・チョイスをメインに購入しています。ワインメーカーズ・チョイスは世界各国の代表的なワイン産地や品種をセレクトしたウォルマート・グループのブランドで、フランスものだとコート・デュ・ローヌなどもありますが、この値段だとやはりチリ、スペインのなかから選んだほうが無難です。

赤はテンプラニーリョかカベルネ・ソーヴィニョン、白はシャルドネかソービニヨン・ブランを選んでいます。12.5%くらいの度数なので、食中酒にちょうどいい感じですね。

ところが、今回はそこからではなく、目に入ったシラーを選んでしまいました。アメリカのオークリーフの製品で13.5%、値段はワインメーカーズ・チョイスよりさらに安い税込み497円です。シラーはスモーキーな感じがあって好きなのですが、本当は南アフリカ産が好物です。ですが、今回は嵐の中で飲むので軽めでもいいかと買ってみました。

やはり、値段なりなので、冷やしたほうがいいですね。常温で飲むにはコノスルくらいの値段はしていたほうがいいかと思います。

もうすぐ話題に上りますが、ボジョレーヌーヴォーも毎年、最安値の西友で購入しています。デイリーワインはこんな感じでいいのではないかと思っている今日この頃です。