「山形正宗 純米吟醸 愛山」水戸部酒造初挑戦の愛山

今回は、山形県天童市の水戸部酒造「山形正宗 純米吟醸 愛山」です。水戸部酒造は山形県の主要な酒蔵のひとつですが、「愛山」の使用はかなり遅かったですね。何か理由があるとしたら、教えてほしいものです(笑)

酒屋さんのHPによれば、酸が少なく吟醸香が高い14号酵母(「金沢酵母」)を使用したということですが、味わいはどうでしょうか。

「山形正宗 純米吟醸 愛山」

兵庫県産愛山100%使用で50%精米です。思ったほど甘くなく、どちらかというと「スッキリ系な愛山」です。いつもの甘味のある愛山を想像して呑むと意外な味わいですね。これは狙いなのでしょうか。テーマは「気品と爽快感のマリアージュ」だそうですので、香りが気品だとすれば、スッキリ辛口の爽快感はあるかもしれません。まあ、初挑戦ということで来年の味わいは変わるのではないでしょうか。

山形正宗といえば毎年、新年の自宅酒として愉しませていただいている「金箔酒」を今年も購入済です。ご報告は追っていたしますが、正月になるのが楽しみです。