「スマートゴルフナビ」をiPhoneで使ってみた。

これまで、アップルウォッチでテクノクラフト社の「スマートゴルフナビ」を使ったレポートを書いてきましたが、今回はiPhoneのまま使ってみることにしましたので、レポートします。

何が違うかといいますと、iPhoneで使うと「無料」なのです。

アップルウォッチで使っていても、どうせiPhoneをポケットに忍ばせているなら、iPhoneでもいいですよね。

ということで、iPhoneのまま「スマートゴルフナビ」を使ってみたのですが、まず最初に私がやったのは、「指紋登録の追加」です。

結構、どちらかの手の親指だけ登録している人が多くありませんか?

私は左手の親指だけ登録していたので、グローブを外すかパスワードを入力するかしないとできなかったため、グローブをはめていない右手で指紋認証ができるようにしたわけです。

やり方は簡単。

設定→TouchIDとパスコード→指紋を追加

でOKです。

そして、ラウンド当日、「スマートゴルフナビ」アプリを立ち上げて、ゴルフ場を検索、スタートしたわけです。

今回のゴルフ場は、ピン位置が取得できたので、ピンまで表示となっています。残念ながら、グリーンの目までは表示されませんでしたが、十分役立ちます。

下記の、左側の矢印は打つべき方向を示していて、ピンの方向が赤、自分が向いているのが黄色、両者が合うと青というように、方向が明確になります。また、150、200、250ヤードの地点がわかりますので、バンカーやクリークなどのトラップまでの距離がおおまかにつかめますね。

自分の位置が出るのが微妙に遅かったりもするのですが、許容範囲です。

アップルウォッチで使用するとひと月240円ですが、iPhoneなら無料。テクノクラフト社の太っ腹に感謝している私ですが、アップルウォッチでの使い勝手もよいので、試しに使ってみていただければと思います。

フォローお願いします。